1. Home>
  2. 安全柵>
  3. 特徴

安全柵 特徴

特徴

軽く施工が容易なアルミフレーム材を採用し、多様なご要望に柔軟に対応可能でき、形状と機能拡張性に優れたアルミ安全柵を開発しました。
標準フレームは高さ1,800mm x 幅 970mm、重量約12kg。
アルミ素材の美観を生かしたフレームで、特別な用途でなければ塗装は不要です。
溶接構造ではないため、初期設置や取外し、さらに移設作業も容易な設計です。
面素材には丈夫で加工性に優れたPET樹脂とエキスパンドメタルを標準品として用意しました。
安全柵のみの納入でも結構ですが、設置工事まで責任を持たせて頂くことも可能です。
アルミ素材のため廃棄時には再資源化も容易です。
標準ナットは松本市にある、社会福祉法人アルプス福祉会の皆様に製作してもらってます。

主要構成品

説明説明 AEシリーズ
縦さん寸法:十分な強度の40mm角
標準タイプ(AE-1)
寸法: 高さ1,800mm x 幅970mm
シングルドア
寸法: 高さ1,660mm x 幅900mm

特注寸法、形状にもフレキシブルに対応
高さ2,800mm x 幅970mmや高さ1,200mm x 600mmなど、お客さまのご指定の高さ、幅の安全柵を製作します。
安全柵に開口部を設ける、両開きドア、スライドドアなどご希望の形状、機能を作り上げます。
人やフォークリフトの出入口部分にドアを設置する、90°直角コーナの設置をはじめ、設置場所と使用環境に最適な安全柵を提供します。
アルミ素材の生地を生かした使い方でもできますし、指定色塗装も可能です。
説明説明 縦さんは、十分な強度の40mm角
説明説明 AEシリーズ用フェンス面素材として、PET樹脂とエキスパンドメタルの2種類を用意しました。
PET樹脂は炭素、酸素と水素から構成されているため、焼却しても塩ビ樹脂のように塩素が発生しません。
アクリル樹脂の4〜5倍の衝撃強度がありますが、加工性に優れていて、現場での切欠き作業も容易にできます。
燃焼カロリーが低く、焼却炉を傷めにくいです。自消性(JIS K6911)もあり燃えにくいです。

フェンス面素材

説明説明 説明説明
上: クリアPET樹脂
下: エキスパンドメタル
上: クリアPET樹脂
下: クリアPET樹脂
説明説明 説明説明
アクリル板/アルミ複合版等組合せ自由 アクリル板/アルミ複合版等組合せ自由

安全柵の床面への固定

固定脚かL型脚のいずれかを使用選択して、安全柵を床面に固定します。
固定脚は袋脚構造として十分な強度を確保。
説明説明 説明説明
ダブル固定脚 シングル固定脚
説明説明 説明説明
説明説明 説明説明
L型ダブル脚
L型シングル脚
説明説明 説明説明

安全柵と安全柵の固定

安全柵と安全柵の固定には、ダブルアングルブラケットかフラットブラケットを使用します。
説明説明 説明説明
ダブルアングルブラケット フラットブラケット
説明説明 説明説明
L型を利用して安全柵の上部で固定します。
断面の保護をしたい時に使用します。
任意の位置で安全柵を固定できます。
説明説明
シングルアングルブラケット
説明説明
L型を利用して安全柵の上部で固定します。
安全の両端や、直角に曲がった安全柵を固定します。